HARG(ハーグ)療法、メセル発毛HCR法とは?

AGA(男性型脱毛症)治療で一般的なのは医薬品を服用・塗布する薬物治療ですが、施術によって治療する療法も注目されています。

HARG(ハーグ)療法は、Hair Re-generative theraphy(毛髪再生医療)の頭文字から名づけられたもので、幹細胞から抽出した成長因子と成長に必要なビタミン、アミノ酸を混合したHARGカクテルを頭皮に直接注入することで毛周期を正常なサイクルに戻し、発毛を促します。HARG療法は医療行為なので、民間療法や育毛サロンとは異なり医療機関でのみ施術可能な毛髪再生医療です。AGAだけでなく円形脱毛症にも効果があることや、副作用のため男性にしか用いられない幾つかの薬による治療と違って女性の薄毛にも適用できる、などのメリットがあります。発毛率は90%、早い人で3か月で発毛が認められます。費用の目安は、頭部全体の治療を行なう場合1回10万円程度で、通常複数回の治療が必要となるので総額では40万円から100万円程度を見ておくと良いでしょう。

発毛HCR法は、日本ナチュラルエイジングケア研究所によって開発された治療法で、「メセル」のブランドで提供されています。Hair Cell Revitalization(毛髪細胞再生)の頭文字から名づけられており、再生医療の細胞周辺技術を応用した治療法です。数百種類のサイトカイン(免疫システムの細胞から分泌されるタンパク質)の集合体である発毛HCRカクテルをエレクトロポーレーションで頭皮に導入することと、食事や生活習慣の改善を組合せています。大きな特徴としてAGA医薬品を使用しないことを挙げています。結果として副作用の心配がないことや、服用をやめると再び脱毛してしまうAGA医薬品とは違い、コースを修了したら当面は日常生活で維持管理をするのみなので継続的な負担がないことなどをアピールしています。費用の点でも、AGA医薬品の場合、一見すると年間36万円程度でリーズナブルに見えるが、服用を続けると3年で100万円以上になり、必ずしも負担は軽くない。その点メセル発毛HCR法はスタンダードコースが1年で約65万円で、高額な頭皮ケア機器の購入も一切ない、としています。さらにはメンテナンスコース実施の3年トータルで約90万円、メンテナンスコース実施の5年トータルで約110万円という目安が出されています。発毛HCR法は比較的新しい治療法のようで、インターネットでの評判や口コミもまだあまり出てきていません。今は先着500名に最大10万円のモニター割引のキャンペーンが行なわれています。